診療紹介

てんかんとは

 

てんかんは、意識を失ったり、体がけいれんしたりするてんかん発作を繰り返す脳の病気です。大脳の神経細胞(ニューロン)は、たえず活動し弱い電気信号によって情報を伝えあっています。てんかん発作は何らかの原因によって電気的な乱れ(ニューロンの過剰な放電)が生じることによって起きます。このためにてんかん発作は「脳の電気的嵐」にたとえられます。てんかんは、おおよそ100 人に一人の割合でいると言われていますので、国内に約100 万人の患者さんがいると推計されています。てんかんは、全年齢層にわたる病気です。てんかんは、高血圧や糖尿病などと同じように慢性の病気ですが、多くの方が適切に薬(抗てんかん薬)で治療すると発作を抑制することができます。

 乳幼児期は、生まれた時の脳の損傷や先天性代謝異常、先天性奇形が原因で起こるてんかんの頻度が高いと考えられていますが、小児てんかん全体では遺伝的な異常が推定されるてんかんが多いことが知られています。高齢発症のてんかんは脳卒中、頭部外傷、認知症など原因があきらかなてんかんが多いです。

 

てんかん発作と聞くと多くの人は、全身をガクガクとけいれんさせて泡をふくというものをイメージされると思います。しかし、この発作はてんかん発作全体の中のほんの一部に過ぎません。動作が止まってボーっとする発作、ムカムカとみぞおちから前胸部にこみあげる感覚、恐怖感・不安感などの不思議な感情、聞こえるはずのない音が聞こえる、見えるはずのないものが見える、意識があるのに言葉が話せない等、てんかん発作の症状は数多くあります。したがって、てんかんの正確な診断のためには、発作がおきた時の状況の問診が非常に重要です。患者さんやそのご家族が、てんかん発作の疑わしい症状を把握し、その時の状況を詳しく記録していただけ

れば、診断の大きな手助けになります。

 てんかんが疑われるときには脳波検査や画像検査をします。脳波とは、脳の神経細胞が出すわずかな電流を記録することで脳の働き具合を調べ、異常を検出するものです。てんかん発作に関係する波(発作波)の形や、その出方によっててんかん波の出ている脳の部位がある程度わかり、発作型の判断の参考になります。脳に何かてんかんの原因となる病変があるかを調べるために画像検査(CT、MRI など)も行います。

てんかんは、主に抗てんかん薬により治療します。抗てんかん薬はてんかん発作を起こさないように、大脳の過剰な電気的興奮を抑える働きをもっており、発作を起こす可能性のある間は、続けて飲む必要があります。それぞれの抗てんかん薬がどのような発作に効果があるかわかっていますので、てんかん発作のタイプを正確に診断することはとても大切です。一般的に、抗てんかん薬により発作が消失する割合は、最初に飲んだ抗てんかん薬により50 ~ 60%、2 番目以降の抗てんかん薬の追加で10 ~ 20%の発作が抑制されますが、残りの20 ~ 30%は薬が効きにくい難治性のてんかんといわれています。難治性てんかんの場合、外科手術などを考慮する必要があり、てんかん専門医の意見を聞くことが大切です。

 

 リーフレットが必要な方は、右のPDFをダウンロードしていた

 だくか、徳島大学病院てんかんセンター(患者支援センター内)

 までご連絡ください。

ダウンロード
てんかんとは
てんかんA4 てんかんとは.pdf
PDFファイル 951.1 KB

てんかんの原因と治療

特発性:血液や頭部画像の検査では明らかな異常がなく、それまでの発達にも大きな問題がないにもかかわらず、ある時てんかん発作を起こすもの。

 

症候性:出生時の低酸素や頭部外傷、脳炎・脳症、脳血管障害、脳腫瘍などにより脳の障害を来した後、あるいは皮質形成異常などによって、てんかん発作を起こすもの。

 

小児では特発性の割合が多く、高齢者では脳血管障害などによる発症が多くなります。
てんかんの治療としては抗てんかん薬による薬物治療が主体になります。約70~80%のてんかん患者さんは、抗てんかん薬によって発作が抑制されます。てんかんの分類や発作のタイプによって、効果のある抗てんかん薬は異なってくるため、適切な診断が重要になります。特発性てんかんについてはほとんどの場合、抗てんかん薬の内服で発作が抑えられますが、症候性てんかんについては薬の効果は様々です。

 

てんかん発作時の対応・介助について

 てんかん発作に遭遇した場合の対応、介助方法をしっていれば、慌てずに適切に対応することができます。まずは最も大切なことは、気持ちを落ち着かせて冷静になって下さい。落ち着いて行動し、状況をよく観察して下さい。危険なものや場所を避け、安全なところでそばに寄り添って、発作が終わるまで見守って下さい。基本的には、発作は自然と治まることが多いので、慌てて救急車を呼ぶ必要はありませんが、周囲の人を呼んで協力して介助してください。

 

安全性の確保について

 ● 打撲や外傷 : 頭や手足を保護します。ぶつかりそうな物があれば、移動させましょう。

 ● 火傷 : お湯や火気、ストーブなどを移動させましょう。

 ● とがったものを移動させる : 割れ物・眼鏡・ヘヤピン・筆記用具・刃物などは本人からできる限り離しましょう。

 ● 道路や階段など危険な場所で発作が生じた場合には、安全な場所に移動させます。

 

 

全身の大きなけいれん発作(強直間代発作)に対する対応・介助

  発作によって、倒れたり頭や手足を受傷する可能性があります。頭を打たないように手を当てたり、タオル、カバン、クッションなどで保護しながら、ゆっくり床に寝させます。手足の外傷を防ぐようにして、危険な物を遠ざけて、安全な場所を確保します。呼吸をしやすくするために、ベルトや服を緩めてあげて、顎を下から軽く上げてけいれんが治まるのを待ちます。けいれん中には唾液が増えます、けいれんが治まり大きな呼吸をして、脱力します。その際に上を向いたままだと、唾液や食物が誤って気管に入る誤嚥、窒息します。ですので、けいれんが治まったら、身体ごとあるいは顔を横に向けてください。唾液や嘔吐したものを口の外に掻き出して誤嚥、窒息を予防します。

 


転倒する発作に対する対応・介助

 突然倒れる発作は、頭や顔、からだに怪我を受けることが多くあります。転倒発作が頻回に起きている時期は、1 人にしないようにします。歩行するときは手をつないだり、保護帽を使用するようにしましょう。

 

複雑部分発作(焦点意識減損発作)に対する対応・介助

 突然動作が停止し、ぼっーとして、意識がはっきりしない発作で、発作中の記憶がありません。口をぺちゃぺちゃしたり、手をもぞもぞと動かす自動症という症状がでることもあります。また、発作後にもうろう状態でうろうろと周囲を歩き回る時もあります。全身の大きなけいれん発作に移行することもあるので注意して下さい。

 熱いものによる熱傷、鋭利なものによる怪我、車道に歩いてしまい交通事故につながることもあります。周囲の安全を確保して、意識が回復するまで見守ってください。

 発作中や発作後のもうろう状態で、腕をつかんで押さえつけようとしたり、行動を制止しようとすると激しく抵抗することがあるので、一定の距離を保ち移動する方向の危険を除去して下さい。正面から対応せず、側方または後方から対応します。

 


羞恥心への配慮もお願いします。

 発作対応だけではなく、精神面のサポートにも配慮下さい。うろうろと歩き回ったり、失禁したり、発作を見られることを恥ずかし

いと思うことがあります。他者に見られないように衣服や掛け物をかける、あるいは着衣の乱れに気を配るなどの配慮もお願いします。

 

発作中にしてはいけないこと

 ● 口を無理矢理こじ開けて口のなかに、割り箸、タオル、指などを絶対に入れないで下さい。たとえ食事中であっても、このような物

  を入れないで下さい。窒息の原因になりますし、歯が折れたり口の中を傷つける危険があります。全身の大きなけいれんをしている

  際は下顎をしたから軽くあげて、舌を噛まないようにしてあげましょう。

 ● 発作中や発作直後で意識がもうろうとしている状態で、水や薬を飲ませるのは嘔吐や誤嚥の危険性があるのでしてはいけません。

  薬を内服するのは、意識が十分に回復して、うまく飲み込むこめるようになっていることを確認してからにしましょう。

 ● けいれんを止めようと、押さえつけたり、無理に意識を戻そうとして、体を揺すったりしないでください。

 

てんかん発作の様子や頻度は個人差があります。

 ● その人のてんかん発作について情報をあつめ、把握しておくと、その人の発作に適した対応方法があらかじめ検討することが

  できます。

 

救急車を呼ぶ場合について

 以下のような状況では、病院での処置が必要ですので、救急車を要請して下さい。

 ● けいれんする発作が5分以上続き止まらない

 ● 意識がもどらないままてんかん発作を繰り返すとき

 ● もうろう状態が長く続く、または完全な意識の回復がみられない

 ● 初めて発作を起こした時、あるいはいつもと違う発作が起こった場合

 ● 発作によって負傷し、出血がひどい。病院での処置に必要なけがを負った場合

 ● 水中で発作が起きた場合や唾液や食事などを誤嚥した可能性が高く、呼吸状態が悪い場合

  ※あくまでも、てんかんと診断されており、いつもと同じ発作を起こした場合の対応・介助方法です。

 

 

ダウンロード
てんかん発作時の対応・介助について
てんかんA4 てんかん発作時の対応・介助について.pdf
PDFファイル 558.5 KB

小児のてんかん

 

 

1. てんかんの好発年齢に関して

 てんかん発症率のピークは乳幼児期、および老人期にあり、グラフはU 字型を示します。(図1)高齢者のてんかんで圧倒的に多いのが脳血管障害の後遺症に伴うものですが、乳幼児期早期の病因としては、遺伝的な素因などの先天異常、周産期障害、などが挙げられ、乳幼児期と高齢者でてんかんの病因が異なります。このため、診断や治療には小児特有の要因を考慮する必要があります。

 


2. 小児てんかんの病因を特定する

 てんかん発作の直接的な病因を下記の6 つに分類します。(図2)小児の場合、成人と比較して、てんかんの病因が多様であるため、より詳しい検査が重要となります。治療方針を決める上でも重要で、例えば構造的なものが病因であれば、早めに外科治療の可能性を検討します。

 

3. 特定のてんかん症候群に当てはまるかどうかを判断する

 てんかん診療においては、 同じような症状、 発症年齢、 検査結果、 を示す患者さんの一群を特定の症候群に分類しています。 小児では大きく分けて、 ①特発性全般てんかん ・ 自然終息性焦点てんかん(治療への反応性も良好で、 一部の症候群では自然終息も期待できる)、②発達性てんかん脳症(難治性で璽度の認知・行動障害を引き起こす)、 の2つのタイプがあります。(図3)とりわけ小児患者においては、 適切な治療方法や予後の予測に 重要な意味を持つため、 出来る限り特定の症候群に該当しないかどうかを調べておく必要があります。

4. 小児てんかんの治療方針

 小児てんかんの特徴として、 自然に終息するてんかんの存在があります。 すなわち発作が2-3年間抑制された 場合、 抗てんかん薬の中止を目指せるケ ースがあります。 一方で発達性てんかん脳症のように非常に難治なてん かんも存在します。 病因診断、 症候群診断を正確に行い、 外科治療も含め効呆のある治療法を適切に選択し、 不要な治療を避けることが重要です。

ダウンロード
小児のてんかん
てんかんA4 小児のてんかん.pdf
PDFファイル 1.0 MB

高齢者てんかん

 てんかんは子どもと高齢者に多い病気です。その理由として、高齢者のてんかんには2つ、「過去に発症したてんかんが続いている場合」と、「高齢者になって新たに発病した場合 “高齢発症てんかん”」があるからです。このペー ジでは特に断りのない限り 「高齢者のてんかん」とは高齢(65歳以上)で発症したてんかんについて説明しています。

 

1.高齢者てんかんの原因と特徴

 高齢者てんかんの原因は様々で、原因ごとに発作型の違いがあります。症候性てんかんが全体の約2/3、原因不明の特発性てんかんは約1/3で、特発性てんかんの割合が高い小児てんかんとは対照的です。

症候性てんかんは脳に何らかの障害が起こったり、脳の一部に傷がついたりすることで起こるてんかんです。 脳血管障害(脳梗塞、脳出血)によるものが最多です。てんかんの部位については側頭葉てんかんが多く(約7割)、ついで前頭葉てんかん(約1割)の順になります。


 症候性てんかんの発作型では単純部分発作(意識がはっきりしている)や複雑部分発作(意識障害を伴う)が多く、とりわけ1日に何回も複雑部分発作を繰り返すパターンが多いと言われています。なお少数ながら前頭葉てんかんや特発性全般てんかんから非けいれん性の重積発作を来すことがあります。また部分発作でも全身けいれんを伴う二次性全般化発作を起こすこともあります。

 また認知症と間違われやすいのも高者てんかんの特徴です。けいれんがなく、意識障害を起こすことが多い複雑部分発作がこれに該当します。具体的には発作後に朦朧状態が数日間続き、それが頻繁になると、てんかん発作であることに気付かれにくく、場合によっては認知症と誤診される可能性もあります。

2. 高齢者てんかんの合併症

 高齢者てんかんは症候性てんかんが多く、その原因として脳卒中(脳梗塞、脳出血)が最多ですが、他に多い原因として神経変性疾患があります。高齢者てんかんでは発作の特徴から認知症と誤診されることを述べましたが、神経変性疾患に含まれるアルツハイマー型認知症(高齢者の認知症の原因として最も多い)自体も高齢者てんかんの原因になることが知られています。

 また高齢者てんかんの発症が引き金になって生じる合併症としての 「うつ症状」もあります。脳卒中を起こした後はうつ病を発症しやすく、なおてんかん発作があることで気分の落ち込みが起こりやすくなります。できるだけストレスを溜めない、溜め込ませない生活を送ることが大切です。

 

3. 高齢者てんかんの診断

 高齢者てんかんの診断のために必要な検査は他の年代のてんかんと基本的に同じです。

①問診:診断の基本になりますが、発作前後の状況を自分では説明ができないため、家族や介護スタッフなど発作を目撃した方のご協力  

    が必要になります。発作中の様子を主治医に伝えてもらう、あるいはスマ ートフォンの動画機能で発作の様子が記録されていれ

    ば発作型の診断に役に立ちます。また声掛けで反応があるか、体の一部の異常な動き(例えば口や手の自動症)に着目する

    など、てんかんの知識をもって発作の様子を確認して頂けていれば一層助かります。

②脳波:高齢者てんかんでは1回の脳波検査によっててんかん波を見つけることができる割合が3割~7割程度と決して高くありません。

    そのため繰り返し検査を受けて頂く場合があります。また脳波異常は睡眠時に見られる場合も多く、睡眠脳波や、入院を要し

    ますがより詳細な評価のために長時間持続ビデオ脳 波モニター検査を行うこともあります。

③脳画像:特に高齢者の初発のてんかん発作の場合には、 てんかんの原因を診断するために脳の画像検査が必須となります。

     MRI検査が最も適切とされております。

④脳機能:高齢者の場合、 神経変性疾患が原囚のてんかんがあります。 MRIなどの脳の形態画像だけでは診断が付きにくい場合

  画像 (アルッハイマー型認知症など)では脳血流神経グラフィーなどの脳機能画像が参考になることもあります。

      

4.高齢者てんかんの治療

 抗てんかん薬の効果が高く、 最初の発作から治療を開始することもあります。 理由はてんかんの原因がはっきりしている(脳卒中や神経変性疾患が明らかである)ことが多いからです。 ただし、 高齢者ゆえに既に複数の薬を使用している場合や生理的な肝臓・腎臓の機能低下があるため、 腎機能障害、 肝機能障害とともに薬の効きすぎによる副作用に注意が必要になります。 また抗てんかん薬を飲むことに関して周囲の偏見や副作用への誤った理解のため服薬が不規則になり発作の抑制が不十分になる人も少なくありません。 抗てんかん薬治療による恩恵を受けつつも副作用がなるべく少なく済むよう、 主治医と相談を繰り返し、 自分の体に合った服薬調整をしてもらうことが必要です(つまり病気とも主治医とも上手に付き合うことが何よりも大切です)。

 

5. 高齢者てんかんと日常生活上の注意

 

①転倒に注意

 高齢者てんかん発症の原因となった脳の病気や抗てんかん薬の副作用、 不眠などに対する睡眠薬服用など眠気やふらつきの原因を多くもってしまいがちになります。転倒では骨折などのけがで寝たきりになれば日常生活動 作 (ADL) を大きく損ないます。そのためにも体調に応じた活動、周囲からの気配り、必要に応じた環境整備を行うことが大切です。

 

②入浴時に注意

 入浴時の発作はとても危険です。風呂場に行くときは家族に声をかける、鍵をしない、基本的にシャワーで済ませる、どうしても湯船に入りたい場合は湯量を少なくする、転倒してもけがをしにくいようにマットを敷くなどの工夫が大切です。湯船で発作が起こった時の対応としては息ができる体位をとらせ、危険を回避し、あせらず意識の回復を待って無理なくお風呂から移動されて下さい。

 

 

③スポーツ、レジャー、旅行時の注意                                                                      

 適度な運動によるストレス発散が発作を抑制することが知られてい ます 。ただし、発作を起こすことで大けがや命の危険が想定される  ものにば注意が必要です。レジャー や旅行では非日常を楽しむ反面、抗てんかん薬の内服時間のずれ、紛失などが起こりやすいです 。また旅先で病院受診が必要になった際薬手帳や病歴ノートなどの形態を心掛けることも大切です。

 

④寝不足、お酒の飲みすぎに注意                                                                          

 睡眠不足、アルコールは複合的にてんかん発作の誘発(発作閾値の低下)に関連していると考えられてい ます。酔うとよく眠れるといわれる方は少なくないですが、お酒の飲みすぎは睡眠の質の低下など脳に対して好ましくないため、飲み過ぎを控えることは大切です。

 

⑤自動車の運転への注意                                                                                   

 てんかんのある人が自動車を運転するにあたっては、2 年以内に発作の既往が一度でもあれば法律上運転はできなくな ります。また免許証の更新時にも毎回医師の診断書が必要になります 。

(自動車運転に関しての詳細は 主治医へ相談、もしくは日 本てんかん協 会のホームページ iea- net.jp  を参照し法令遵守を心掛けて下さい。)

 

ダウンロード
高齢者てんかん
てんかんA3 高齢者てんかん2.pdf
PDFファイル 2.0 MB

てんかんと精神症状

精神症状とは、次のようなものがあたります。

精神症状の原因 

 

抗うつ状態

  いろいろな原因から生じる精神症状のなかでも、抑うつ状態は最も

多い合併症です。抑うつ状態を抱えている人はもしかするともっとい

るかもしれません。

 次のページにあるいくつかの質問に答えてみてください。抑うつ状

態を自分で知ることができます。この得点が高い人は主治医に相談し

てみてください。薬物調整、有益なアドバイスや情報に繋がります。


 

 以下の質問票は、自分でうつ病の可能性があるかを評価できるように作成されました。この質問にすべて回答すると、点数が出るようになっています。

 今日をふくめて最近 2 週間のあなたの状態をもっともよく表している項目を選択してください。

 合計得点が13 点以上になった方は抑うつ状態かもしれません。主治医に相談してください。点数が少ない方でも苦痛が大きい方は相談してみてください。

 

心因性発作

 てんかん発作に似た症状が出ている方でも、発作症状や脳波などの検査でてんかんの特徴がみられないものは心因性発作かもしれません。

 ストレスによって感覚が過敏になっていることが関連しているかもしれません。ストレスそのものを減らすか、ストレスへの対処能力をつけるかで発作が減っていきます。


ダウンロード
てんかんと精神症状
てんかんA4 てんかんと精神症状.pdf
PDFファイル 459.7 KB

長時間ビデオ脳波モニタリング

必要に応じて入院の上、長時間ビデオ脳波モニタリングを行っています。発作中の様子をビデオで録画し、発作が起きているときの脳波を記録するため、多くは服薬中の抗てんかん薬を減量します。この検査はてんかんの診断・治療において非常に重要です。以下の目的で行うことがあります。

1. 発作が本当にてんかんであるのか

2. 発作が抗てんかん薬で止まらない場合、現在の薬剤で良いのかどうか

3. 抗てんかん薬で発作が止まらない場合、外科的治療で治療が可能かどうか

発作時脳波

側頭葉てんかん

側頭葉てんかんの患者さんは、発作が始まる前に、胃から込み上げるような感じや恐怖感などの前兆を持っていることが多いです。その後に一点をじーっと凝視し、動作が停止し、周りの人の問いかけに反応できなくなります。そのときに口をぺちゃくちゃさせたり、手がかってに動いたりすることがあります(自動症といいます)。発作の後は、しばらくぼーっとしていますが、本人は発作があったことを、多くの方は覚えていません。側頭葉てんかんの原因としては海馬硬化症、腫瘍性病変、血管障害などがあります。

側頭葉外てんかん

側頭葉以外にも前頭葉、頭頂葉、後頭葉にてんかん焦点があり、さまざまな発作を生じることがあります。MRI, PET, 長時間ビデオ脳波モニタリングなどの検査によりてんかん焦点を絞り込むことによって、手術が可能になることもあります。

手術で治療ができるてんかんもあります

適切な抗てんかん薬を2~3種類以上で、十分な量で治療を行っても、発作が抑制されない薬剤抵抗性てんかんに対しては、MRI, PET, 長時間ビデオ脳波モニタリングなどを行い、発作を起こす脳(てんかん焦点)を推察します。一部の側頭葉てんかんでは頭蓋内電極をスキップして外科的病巣切除術を行いますが、多くはより詳しく焦点をしらべるために頭蓋内に電極を留置してから手術を検討します。特に側頭葉てんかんは手術治療の最も良い適応になり、術後に発作から解放される方が多いです。このようにてんかん焦点を切除することにより根治が望める症例もあります。

発作頻度の減少や発作症状を緩和することを目指す迷走神経刺激術や脳梁離断術もあります。脳梁離断術を特に転倒する発作に対して有効です。

迷走神経刺激術(VNS)

開頭手術による治療が困難な場合でも発作を緩和させる迷走神経刺激術(VNS)があります。切除術のように発作を完全に消失させる可能性は低いですが、てんかん発作の軽減を図る治療方法です。半数以上の方で発作の軽減が得られます。電極を左頚部の迷走神経に巻き付け、刺激装置を左の前胸部に埋め込みます。手術時間は短時間で、開頭も行わないので低侵襲です。

製造Cyberonics, Inc., USA/国内販売 日本光電のご好意により転載

迷走神経刺激療法

発作以外の悩みについても、対応していきます

てんかんであっても、抗てんかん薬で発作が抑制されて、問題なく社会生活を営んでいる方は沢山いらっしゃいます。

一方でてんかん患者さんは、てんかん発作以外においてもさまざまな悩みがあります。

運転免許や仕事、結婚、妊娠や出産、金銭面、てんかん併存症、薬の副作用などさまざまなことで悩んでいるてんかん患者さんが多く、各診療科および患者支援センターや他施設と連携して、チームでサポートするように取り組んでいます。

 

てんかん患者さんが利用できる福祉制度

  さまざまな制度のうち、3つの制度についてご紹介します!

自立支援医療制度

 入院以外の医療費(公的保険適応)の自己負担が1 割になります。所得に応じて、1 か月あたりの医療費の上限額が定められています。

申請をしたときに登録した医療機関で利用できます。(登録できる医療機関は原則1 か所ですが、自治体によって対応が異なりますので、担当窓口でご確認ください。)有効期限は1 年間です。1 年ごとに更新が必要です。

  ● 利用できる方 てんかんを含む精神科の病気で通院による治療が必要な方が対象です。

  ● 申請の窓口   お住まいの市町村の担当窓口(障害福祉課など)

 

精神障害者保健福祉手帳

 てんかんのある人が一定の障害状態にあることを証明するものです。また、福祉サービスの利用や各種減税制度の適用を可能にする証書でもあります。どのようなサービスが受けられるかは、お住まいの市町村申請窓口でご確認ください。有効期限は2 年間です。2 年ごとに更新が必要です。

  ● 利用できる方 てんかんを含む何らかの精神疾患により、長期にわたり日常生活又は社会生活への制約がある方が対象です。

          手帳を受けるためには、その精神疾患による初診から6か月以上経過していることが必要になります。

  ● 申請の窓口  お住まいの市町村の担当窓口(障害福祉課など)

 

障害年金

 病気やけがによる障害で日常生活・社会生活・経済生活に困難が生じている人に、障害に応じた額の年金を支給します。障害年金の認定には「有期認定」と「永久認定」があり、てんかんは有期認定です。定期的に診断書など現況を報告する書類を提出する必要があります。障害の状態に変化があった場合は、等級が変わることや支給が停止になることがあります。

 

 

ダウンロード
てんかん患者さんが利用できる福祉制度
てんかんA4 てんかん患者さんが利用できる福祉制度.pdf
PDFファイル 433.3 KB