診療紹介

てんかんとは

 

てんかんは、意識を失ったり、体がけいれんしたりするてんかん発作を繰り返す脳の病気です。大脳の神経細胞(ニューロン)は、たえず活動し弱い電気信号によって情報を伝えあっています。てんかん発作は何らかの原因によって電気的な乱れ(ニューロンの過剰な放電)が生じることによって起きます。このためにてんかん発作は「脳の電気的嵐」にたとえられます。てんかんは、おおよそ100 人に一人の割合でいると言われていますので、国内に約100 万人の患者さんがいると推計されています。てんかんは、全年齢層にわたる病気です。てんかんは、高血圧や糖尿病などと同じように慢性の病気ですが、多くの方が適切に薬(抗てんかん薬)で治療すると発作を抑制することができます。

 乳幼児期は、生まれた時の脳の損傷や先天性代謝異常、先天性奇形が原因で起こるてんかんの頻度が高いと考えられていますが、小児てんかん全体では遺伝的な異常が推定されるてんかんが多いことが知られています。高齢発症のてんかんは脳卒中、頭部外傷、認知症など原因があきらかなてんかんが多いです。

 

てんかん発作と聞くと多くの人は、全身をガクガクとけいれんさせて泡をふくというものをイメージされると思います。しかし、この発作はてんかん発作全体の中のほんの一部に過ぎません。動作が止まってボーっとする発作、ムカムカとみぞおちから前胸部にこみあげる感覚、恐怖感・不安感などの不思議な感情、聞こえるはずのない音が聞こえる、見えるはずのないものが見える、意識があるのに言葉が話せない等、てんかん発作の症状は数多くあります。したがって、てんかんの正確な診断のためには、発作がおきた時の状況の問診が非常に重要です。患者さんやそのご家族が、てんかん発作の疑わしい症状を把握し、その時の状況を詳しく記録していただけ

れば、診断の大きな手助けになります。

 てんかんが疑われるときには脳波検査や画像検査をします。脳波とは、脳の神経細胞が出すわずかな電流を記録することで脳の働き具合を調べ、異常を検出するものです。てんかん発作に関係する波(発作波)の形や、その出方によっててんかん波の出ている脳の部位がある程度わかり、発作型の判断の参考になります。脳に何かてんかんの原因となる病変があるかを調べるために画像検査(CT、MRI など)も行います。

てんかんは、主に抗てんかん薬により治療します。抗てんかん薬はてんかん発作を起こさないように、大脳の過剰な電気的興奮を抑える働きをもっており、発作を起こす可能性のある間は、続けて飲む必要があります。それぞれの抗てんかん薬がどのような発作に効果があるかわかっていますので、てんかん発作のタイプを正確に診断することはとても大切です。一般的に、抗てんかん薬により発作が消失する割合は、最初に飲んだ抗てんかん薬により50 ~ 60%、2 番目以降の抗てんかん薬の追加で10 ~ 20%の発作が抑制されますが、残りの20 ~ 30%は薬が効きにくい難治性のてんかんといわれています。難治性てんかんの場合、外科手術などを考慮する必要があり、てんかん専門医の意見を聞くことが大切です。

 

 リーフレットが必要な方は、右のPDFをダウンロードしていた

 だくか、徳島大学病院てんかんセンター(患者支援センター内)

 までご連絡ください。

ダウンロード
てんかんとは
てんかんA4 てんかんとは.pdf
PDFファイル 951.1 KB

てんかんの原因と治療

特発性:血液や頭部画像の検査では明らかな異常がなく、それまでの発達にも大きな問題がないにもかかわらず、ある時てんかん発作を起こすもの。

 

症候性:出生時の低酸素や頭部外傷、脳炎・脳症、脳血管障害、脳腫瘍などにより脳の障害を来した後、あるいは皮質形成異常などによって、てんかん発作を起こすもの。

 

小児では特発性の割合が多く、高齢者では脳血管障害などによる発症が多くなります。
てんかんの治療としては抗てんかん薬による薬物治療が主体になります。約70~80%のてんかん患者さんは、抗てんかん薬によって発作が抑制されます。てんかんの分類や発作のタイプによって、効果のある抗てんかん薬は異なってくるため、適切な診断が重要になります。特発性てんかんについてはほとんどの場合、抗てんかん薬の内服で発作が抑えられますが、症候性てんかんについては薬の効果は様々です。

 

てんかん発作時の対応・介助について

 てんかん発作に遭遇した場合の対応、介助方法をしっていれば、慌てずに適切に対応することができます。まずは最も大切なことは、気持ちを落ち着かせて冷静になって下さい。落ち着いて行動し、状況をよく観察して下さい。危険なものや場所を避け、安全なところでそばに寄り添って、発作が終わるまで見守って下さい。基本的には、発作は自然と治まることが多いので、慌てて救急車を呼ぶ必要はありませんが、周囲の人を呼んで協力して介助してください。

 

安全性の確保について

 ● 打撲や外傷 : 頭や手足を保護します。ぶつかりそうな物があれば、移動させましょう。

 ● 火傷 : お湯や火気、ストーブなどを移動させましょう。

 ● とがったものを移動させる : 割れ物・眼鏡・ヘヤピン・筆記用具・刃物などは本人からできる限り離しましょう。

 ● 道路や階段など危険な場所で発作が生じた場合には、安全な場所に移動させます。

 

 

全身の大きなけいれん発作(強直間代発作)に対する対応・介助

  発作によって、倒れたり頭や手足を受傷する可能性があります。頭を打たないように手を当てたり、タオル、カバン、クッションなどで保護しながら、ゆっくり床に寝させます。手足の外傷を防ぐようにして、危険な物を遠ざけて、安全な場所を確保します。呼吸をしやすくするために、ベルトや服を緩めてあげて、顎を下から軽く上げてけいれんが治まるのを待ちます。けいれん中には唾液が増えます、けいれんが治まり大きな呼吸をして、脱力します。その際に上を向いたままだと、唾液や食物が誤って気管に入る誤嚥、窒息します。ですので、けいれんが治まったら、身体ごとあるいは顔を横に向けてください。唾液や嘔吐したものを口の外に掻き出して誤嚥、窒息を予防します。

 


転倒する発作に対する対応・介助

 突然倒れる発作は、頭や顔、からだに怪我を受けることが多くあります。転倒発作が頻回に起きている時期は、1 人にしないようにします。歩行するときは手をつないだり、保護帽を使用するようにしましょう。

 

複雑部分発作(焦点意識減損発作)に対する対応・介助

 突然動作が停止し、ぼっーとして、意識がはっきりしない発作で、発作中の記憶がありません。口をぺちゃぺちゃしたり、手をもぞもぞと動かす自動症という症状がでることもあります。また、発作後にもうろう状態でうろうろと周囲を歩き回る時もあります。全身の大きなけいれん発作に移行することもあるので注意して下さい。

 熱いものによる熱傷、鋭利なものによる怪我、車道に歩いてしまい交通事故につながることもあります。周囲の安全を確保して、意識が回復するまで見守ってください。

 発作中や発作後のもうろう状態で、腕をつかんで押さえつけようとしたり、行動を制止しようとすると激しく抵抗することがあるので、一定の距離を保ち移動する方向の危険を除去して下さい。正面から対応せず、側方または後方から対応します。

 


羞恥心への配慮もお願いします。

 発作対応だけではなく、精神面のサポートにも配慮下さい。うろうろと歩き回ったり、失禁したり、発作を見られることを恥ずかし

いと思うことがあります。他者に見られないように衣服や掛け物をかける、あるいは着衣の乱れに気を配るなどの配慮もお願いします。

 

発作中にしてはいけないこと

 ● 口を無理矢理こじ開けて口のなかに、割り箸、タオル、指などを絶対に入れないで下さい。たとえ食事中であっても、このような物

  を入れないで下さい。窒息の原因になりますし、歯が折れたり口の中を傷つける危険があります。全身の大きなけいれんをしている

  際は下顎をしたから軽くあげて、舌を噛まないようにしてあげましょう。

 ● 発作中や発作直後で意識がもうろうとしている状態で、水や薬を飲ませるのは嘔吐や誤嚥の危険性があるのでしてはいけません。

  薬を内服するのは、意識が十分に回復して、うまく飲み込むこめるようになっていることを確認してからにしましょう。

 ● けいれんを止めようと、押さえつけたり、無理に意識を戻そうとして、体を揺すったりしないでください。

 

てんかん発作の様子や頻度は個人差があります。

 ● その人のてんかん発作について情報をあつめ、把握しておくと、その人の発作に適した対応方法があらかじめ検討することが

  できます。

 

救急車を呼ぶ場合について

 以下のような状況では、病院での処置が必要ですので、救急車を要請して下さい。

 ● けいれんする発作が5分以上続き止まらない

 ● 意識がもどらないままてんかん発作を繰り返すとき

 ● もうろう状態が長く続く、または完全な意識の回復がみられない

 ● 初めて発作を起こした時、あるいはいつもと違う発作が起こった場合

 ● 発作によって負傷し、出血がひどい。病院での処置に必要なけがを負った場合

 ● 水中で発作が起きた場合や唾液や食事などを誤嚥した可能性が高く、呼吸状態が悪い場合

  ※あくまでも、てんかんと診断されており、いつもと同じ発作を起こした場合の対応・介助方法です。

 

 

ダウンロード
てんかん発作時の対応・介助について
てんかんA4 てんかん発作時の対応・介助について.pdf
PDFファイル 558.5 KB

長時間ビデオ脳波モニタリング

必要に応じて入院の上、長時間ビデオ脳波モニタリングを行っています。発作中の様子をビデオで録画し、発作が起きているときの脳波を記録するため、多くは服薬中の抗てんかん薬を減量します。この検査はてんかんの診断・治療において非常に重要です。以下の目的で行うことがあります。

1. 発作が本当にてんかんであるのか

2. 発作が抗てんかん薬で止まらない場合、現在の薬剤で良いのかどうか

3. 抗てんかん薬で発作が止まらない場合、外科的治療で治療が可能かどうか

発作時脳波

側頭葉てんかん

側頭葉てんかんの患者さんは、発作が始まる前に、胃から込み上げるような感じや恐怖感などの前兆を持っていることが多いです。その後に一点をじーっと凝視し、動作が停止し、周りの人の問いかけに反応できなくなります。そのときに口をぺちゃくちゃさせたり、手がかってに動いたりすることがあります(自動症といいます)。発作の後は、しばらくぼーっとしていますが、本人は発作があったことを、多くの方は覚えていません。側頭葉てんかんの原因としては海馬硬化症、腫瘍性病変、血管障害などがあります。

側頭葉外てんかん

側頭葉以外にも前頭葉、頭頂葉、後頭葉にてんかん焦点があり、さまざまな発作を生じることがあります。MRI, PET, 長時間ビデオ脳波モニタリングなどの検査によりてんかん焦点を絞り込むことによって、手術が可能になることもあります。

手術で治療ができるてんかんもあります

適切な抗てんかん薬を2~3種類以上で、十分な量で治療を行っても、発作が抑制されない薬剤抵抗性てんかんに対しては、MRI, PET, 長時間ビデオ脳波モニタリングなどを行い、発作を起こす脳(てんかん焦点)を推察します。一部の側頭葉てんかんでは頭蓋内電極をスキップして外科的病巣切除術を行いますが、多くはより詳しく焦点をしらべるために頭蓋内に電極を留置してから手術を検討します。特に側頭葉てんかんは手術治療の最も良い適応になり、術後に発作から解放される方が多いです。このようにてんかん焦点を切除することにより根治が望める症例もあります。

発作頻度の減少や発作症状を緩和することを目指す迷走神経刺激術や脳梁離断術もあります。脳梁離断術を特に転倒する発作に対して有効です。

迷走神経刺激術(VNS)

開頭手術による治療が困難な場合でも発作を緩和させる迷走神経刺激術(VNS)があります。切除術のように発作を完全に消失させる可能性は低いですが、てんかん発作の軽減を図る治療方法です。半数以上の方で発作の軽減が得られます。電極を左頚部の迷走神経に巻き付け、刺激装置を左の前胸部に埋め込みます。手術時間は短時間で、開頭も行わないので低侵襲です。

製造Cyberonics, Inc., USA/国内販売 日本光電のご好意により転載

迷走神経刺激療法

発作以外の悩みについても、対応していきます

てんかんであっても、抗てんかん薬で発作が抑制されて、問題なく社会生活を営んでいる方は沢山いらっしゃいます。

一方でてんかん患者さんは、てんかん発作以外においてもさまざまな悩みがあります。

運転免許や仕事、結婚、妊娠や出産、金銭面、てんかん併存症、薬の副作用などさまざまなことで悩んでいるてんかん患者さんが多く、各診療科および患者支援センターや他施設と連携して、チームでサポートするように取り組んでいます。