てんかん市民公開講座「みんなで考えよう これからのてんかんのこと」

盛会にて終了しました。沢山のご参加ありがとうございました。

徳島県てんかん地域診療連携体制整備事業の一環として、てんかん市民公開講座「みんなで考えよう~これからのてんかんのこと~」を下記のとおり開催しました。3月26日(開催日は3月24日)は「パープルデー」というてんかん啓発の日であり、てんかんについて正しい知識と理解を深めてる活動が全世界で行われています。

日時:2019年3月24日(日)13:00 - 17:00 (12:30受付開始)

会場:日亜メディカルホール(徳島大学病院 西病棟11階)

講演:総合司会 森 健治 (徳島大学病院 てんかんセンター長)

○てんかんの基礎知識 ~診断から薬物治療・外科治療まで~

     藤原 敏孝(徳島大学病院 てんかんセンター・脳神経外科 助教)

○てんかんと精神症状への対応

     中瀧 理仁(徳島大学病院 てんかんセンター・精神科神経科 講師)

○将来を見据えたこどものてんかん診療

     東田 好広(徳島大学病院 てんかんセンター・小児科 助教)

○患者支援センターの取り組み~相談・福祉制度について~

     泉 千恵(徳島大学病院 てんかんセンター・患者支援センター)

○てんかん事業計画のご紹介と災害への備え

     多田 恵曜(徳島大学病院 てんかんセンター・脳神経外科 特任講師)

○個別相談

主催:徳島大学病院

後援:日本てんかん協会徳島県支部